基本情報科目Bサンプル問題:問3 Pythonで配列を処理する関数をステップバイステップで学ぶ

基本情報技術者
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
広告

Pythonで配列を処理する関数の作成

基本情報技術者試験(FE試験)の科目Bの試験では、アルゴリズムとプログラミングに関する知識が問われます。特に配列(Pythonではリストと呼ばれる)は、情報を管理し、操作するための基本的なデータ構造であり、これを適切に扱うことは重要です。

以下に、Pythonで配列を処理する関数の作成について、マークダウンステップ形式で説明します。

広告

ステップ1: 配列と関数の基本

Pythonでは、配列はリストとして表現されます。リストは、カンマで区切られた値(要素)の集合で、角括弧 [] で囲まれます。

my_list = [1, 2, 3, 4, 5]
関数は、特定のタスクを実行するコードのブロックです。Pythonでは、def キーワードを使用して関数を定義します。
def my_function():
print("Hello, function!")

ステップ2: 配列を引数として受け取る関数の定義

次に、配列を引数として受け取る関数を定義します。以下の例では、process_array 関数はリスト my_list を引数として受け取り、そのリストの各要素を2倍にする関数を定義しています。

def process_array(my_list):
for i in range(len(my_list)):
my_list[i] = my_list[i] * 2
return my_list

ステップ3: 関数の呼び出しと結果の確認

最後に、上記で定義した process_array 関数を呼び出し、結果を確認します。関数を呼び出すには、関数名の後に括弧 () を付けます。引数がある場合は、その中に指定します。

numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
print(process_array(numbers))  # Output: [2, 4, 6, 8, 10]

まとめ

この記事では、Pythonで配列を処理する関数を作成する方法をマークダウンステップ形式で説明しました。関数を使うと、複雑なタスクを再利用可能なコードブロックにまとめることができ、配列のようなデータ構造と組み合わせることで、多くの問題を効率的に解決することが可能となります。

問題演習で知識を定着させましょう。

サンプル問題 問3

基本情報技術者試験 科目Bのサンプル問題でアウトプットしよう
解答はこちら

タイトルとURLをコピーしました