基本情報科目Bサンプル問題:問13 無限ループの落とし穴

PCでプログラミングをしている猫 の画像 基本情報技術者
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

無限ループになる関数の解析:基本情報技術者試験科目Bのアルゴリズム問題

本記事では、基本情報技術者試験の科目B試験で扱われるアルゴリズム問題の一部を取り扱います。ここでは特に、不具合により無限ループに陥る可能性のある関数について注目し、その問題点と解決法について考察します。

ステップ1:無限ループになる関数の例

まずは無限ループになる関数の一例を見てみましょう。以下のような関数を考えてみます。

def infinite_loop():
    i = 0
    while i >= 0:
        i += 1

この関数は、iの値が0以上である限り、ループを続けます。初期値が0で、ループごとに1ずつ増加するので、このループは決して終了することはありません。

ステップ2:問題点の特定

この関数の問題は、終了条件が実際には終了することを許さない点にあります。これは一般的に”off-by-one”エラーや無効なループ条件と呼ばれる問題です。ここでの解決策は、ループが終了するような条件を設定することです。

ステップ3:修正方法

関数を修正するためには、ループの終了条件を適切に設定する必要があります。例えば、以下のように修正することができます。

def finite_loop():
    i = 0
    while i < 10:
        i += 1

この関数は、iの値が10未満の間ループを続けます。初期値が0で、ループごとに1ずつ増加するので、このループは10回の反復後に終了します。

ステップ4:ループの安全性の確認

修正したループが正しく動作することを確認するためには、テストを行うことが重要です。様々な初期値や増加量でテストを行い、期待した通りの動作をすることを確認しましょう。

ステップ5: テストケースの作成

プログラムの振る舞いを確認するためには、適切なテストケースを作成し、それを使用してテストを行うことが不可欠です。以下に、先ほど修正した関数のテストケースの一例を示します。

def test_finite_loop():
    assert finite_loop() == 10

このテストケースは、finite_loop関数が期待どおりに動作していることを確認します。すなわち、この関数が10を返すことを期待しています。

ステップ6:不具合の再発防止

無限ループに陥る問題を解決した後も、同様の問題が再発しないように注意を払うことが重要です。特に、新しい機能を追加したり、既存のコードを変更したりする際には、その変更が既存の機能にネガティブな影響を与えていないかを確認することが必要です。

このためには、適切なテストケースを維持し、定期的にテストを行うことが重要です。また、コードレビューやペアプログラミングなどの手法を用いて、他の人が自分のコードを見てフィードバックを提供できるようにすることも、問題の早期発見に役立つと言えるでしょう。

まとめ

無限ループになる関数は、プログラムに大きな不具合を引き起こす可能性があります。これを防ぐためには、ループの終了条件を適切に設定し、定期的にテストを行うことが重要です。また、コードレビューやペアプログラミングといった他者の目を通すプロセスも、不具合の早期発見と再発防止に役立ちます。これらの手法を活用して、信頼性の高いプログラムを作成しましょう。

問題演習で知識を定着させましょう。

サンプル問題問13

基本情報技術者試験 科目Bのサンプル問題でアウトプットしよう
解答はこちら

タイトルとURLをコピーしました